バカな俺でも分かる

気になったことをバカな俺でも分かりやすいように説明します。

絵本が育む想像力と感情表現:1歳から5歳までの子供におすすめの絵本

      2023/04/06

絵本は、子供にとって非常に重要な教育ツールの一つです。赤ちゃんの頃から絵本に触れることで、言葉の理解や発音の練習、想像力や感情表現の豊かさなど、様々な面での成長に大きく貢献することが知られています。

特に、赤ちゃんの時期は脳の発達が著しく進む時期であり、絵本を通じて得られる視覚的・言語的な刺激が、赤ちゃんの認知や知識の基礎を形成する上で非常に重要な役割を果たします。また、親子で絵本を共有することで、赤ちゃんとのコミュニケーションを深め、親子の絆を強めることもできます。

ただし、絵本を選ぶ際には、子供の発達段階に合わせた内容や表現方法を選ぶことが重要です。例えば、赤ちゃんの場合は、簡単な言葉や大きな絵、色鮮やかなイラストなどが好まれる傾向があります。また、子供の成長に合わせて、難易度が少しずつ上がるような絵本を選ぶことも大切です。

以上をふまえて、今回紹介するおすすめの絵本は、赤ちゃんの成長に合わせた内容や表現方法が選ばれているものばかりです。親子で楽しみながら、赤ちゃんの成長を促すためのヒントを得ることができます。

さらに、絵本はプレゼントに最適です。赤ちゃんが生まれたばかりの場合は、お祝いに絵本を贈ると喜ばれることが多いです。また、誕生日やクリスマスなどのイベントにもぴったりの贈り物と言えます。

選ぶ際には、赤ちゃんの成長に合わせたものを選ぶと良いでしょう。さらに、今回紹介するおすすめの絵本は、子供が楽しめるだけでなく、親子で楽しめるものばかりです。

プレゼントに選ぶ際には、ぜひこの記事を参考にして、素敵な絵本を贈ってみてはいかがでしょうか。

一生忘れられない!思い出作りにも!おススメ絵本

きんぎょが にげた 五味太郎 作 年齢:2歳~

この絵本は、子供たちが想像力を働かせ、物事を探し求める楽しさを教えてくれます。

また、金魚たちが逃げた理由が描かれていないため、子供たち自身が理由を想像することもできます。絵本の中の金魚たちも、それぞれに個性的で、子供たちが自分自身の個性を受け入れることを助けるかもしれません。

『きんぎょがにげた』は、子供たちにとって楽しい読み物であり、想像力と探究心を育むことができる良い絵本だと思います。また、親子で一緒に読んで楽しむことができる点も素晴らしいです。

おおきなかぶ ロシアの昔話 年齢:3歳~

この絵本は、定番で多くの方はご存知かもしれませんが、力を合わせて取り組むことの大切さも示しています。物語には、子供たちが楽しめる、リズミカルでかわいらしい言葉遊びがたくさんあります。絵本のイラストは、カラフルで親しみやすく、非常に魅力的です。

created by Rinker
¥1,100 (2024/06/25 21:36:38時点 楽天市場調べ-詳細)

はらぺこあおむし 作:エリック・カール 年齢:4歳~

『はらぺこあおむし』は、子供たちにとって楽しく、わかりやすい数や曜日の認識を教える素晴らしい絵本です。しかけや美しい絵、ストーリーは、子供たちの想像力を刺激し、学びを楽しくするとともに、成長に必要な食事の大切さも教えてくれます。子供たちだけでなく、大人も楽しめる、愛され続ける絵本です。

私の子供もドはまりし、現在も巾着等のグッズを使っています。また歌なども大変好きで毎日のように歌ってました。

created by Rinker
Kaiseisha/Tsai Fong Books

いないいないばあ 松谷みよ子 瀬川康男 え 年齢:1歳~

「いないいないばあ」は、赤ちゃんに向けて語りかける言葉をテーマにした絵本です。松谷みよ子さんが自身の子育て経験から生まれた言葉が、赤ちゃんとのコミュニケーションの大切さを教えてくれます。また、瀬川康男さんによる絵も、あかちゃんと目が合うように工夫されており、絵本を読むことで赤ちゃんとのコミュニケーションがより深まります。また、文字数も少なく、シンプルでわかりやすいので、赤ちゃんにも飽きずに楽しめます。全体的に、赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しく学べる、素晴らしい絵本だと感じました。

ぴょーん まつおか たつひで 年齢:1歳~

ページをめくるたびに、新しい動物が登場し、「ぴょーん」と飛び跳ねます。子どもたちは、どんな動物が次に登場するのか、どのように飛び跳ねるのか、ワクワクしながらページをめくっていくことができます。

また、繰り返しの言葉や音を取り入れることで、子どもたちが語彙やリズム感を養うことができます。

全体的に、まつおかたつひでさんが描く世界観や、独特なタッチのイラストが印象的で、子どもたちにとっても、楽しい読書体験を提供してくれる絵本だと感じました。

created by Rinker
子どもの文化普及協会

じゃあじゃあびりびり 年齢:0歳~

「じゃあじゃあびりびり」は、とてもシンプルでわかりやすい絵本です。

音を聞きながら、手で表現することで、子どもたちの五感を刺激し、楽しみながら感覚を磨くことができます。また、音を聞き比べることで、子どもたちの聴覚の発達にも役立ちます。

手軽に持ち運びができるコンパクトなサイズも魅力的で、お出かけ先でも楽しめる絵本として、親子で一緒に遊ぶことができます。赤ちゃんの最初の絵本として、またプレゼントにもおすすめしたい一冊です。

がたん ごとん がたん ごとん 安西 水丸 年齢:0歳~

「がたんごとん」は、赤ちゃんにも楽しめるリズムの良い絵本です。汽車の音や、待っている哺乳瓶やコップ、果物や動物たちの声が、子どもたちにはおなじみのものばかりで、ページをめくるたびにどんなものが次に登場するのかワクワクしながら読むことができます。また、順番に乗ってくるものたちを覚えることで、認識力や記憶力のトレーニングにもなります。最後の展開も驚きがあり、子どもたちは喜んで聞いてくれることでしょう。

いないいないばあ あそび きむらゆういち 年齢:0歳~

絵本の中には、キュートでユーモラスな動物たちがたくさん登場し、子どもたちは楽しく遊ぶことができます。

ページをめくるたびに、子どもたちが大好きな「いないいないばあ」という言葉が繰り返されるので、赤ちゃんたちも一緒に楽しめます。また、絵本の中の動物たちはとてもかわいく、親子で一緒に見ていると、笑いが止まらなくなってしまうかもしれません。

お母さんたちが「いないいないばあ」をする時に、疲れている時や、楽しい遊びを考えるのが面倒な時にも、この絵本を手に取ると、お互いにリラックスできて、より楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

全体的に、『いないいないばああそび』は、親子で楽しめる愛らしい絵本であり、お母さんたちが赤ちゃんと一緒に過ごす時間をより楽しく、充実したものにすることができます。

どうぞのいす 香山 美子 作 柿本 幸造 絵 年齢:3歳~

「どうぞのいす」は、うさぎさんが作った小さな椅子を通じて、動物たちの繋がりを描いた温かく愉快な絵本です。椅子に書かれた「どうぞ」という言葉に触発された動物たちが、食べ物を取りかえっこする展開は、何度読んでも楽しめます。柿本幸造さんの描く優しい絵と、ページをめくるたびに現れる愛らしいキャラクターたちも魅力的です。子どもたちはもちろん、大人も長く愛されること間違いなしの絵本です。

トイレいけるかな わらべ きみか 年齢:1歳~

「あかちゃんえほん トイレいけるかな」は、とってもかわいい絵と、やさしい言葉でできていました。赤ちゃんがトイレに行くことを楽しく学べるようになっていて、とても役に立ちました。

私たちも絵本を読んで、トイレの練習を続けることができました。絵本を読んでから、トイレに行くのが上手になったようです。赤ちゃんが自分でトイレに行くことができるようになると、とても嬉しく感じます。

これからも赤ちゃんと一緒に、楽しくトイレトレーニングを続けていきたいと思います。

こりゃ まてまて 中脇 初枝 ぶん / 酒井 駒子 え 年齢:0歳~

「こりゃ まてまて」は、幼い子の興味を引く絵と、繰り返し出てくる「こりゃ まてまて」という楽しい言葉が特徴的な絵本です。

子どもたちにとって、自分自身が主人公になったような気分で散歩が楽しめます。また、最後にはお父さんとの嬉しい再会が待っているので、親子で一緒に楽しめる絵本です。

読み聞かせの際には、子どもが「こりゃ まてまて」という言葉を覚え、一緒に楽しんでほしいです。

created by Rinker
株式会社 福音館書店

よくきたね  松野 正子 ぶん / 鎌田 暢子 え 年齢:0歳~

お母さんが呼んでくれる声に赤ちゃんは一生懸命歩いて、お母さんのところへたどり着く姿がとても可愛らしかったです。

また、この絵本には大切なメッセージが込められています。赤ちゃんを抱きしめて、愛の言葉をたくさんかけてあげることが一番大事であることを再確認しました。赤ちゃんが生まれてきてくれてありがとうという気持ちに満たされました。

この絵本は、赤ちゃんの成長を見守りながら、愛情を持って接する大切さを教えてくれる素晴らしい作品だと思います。これからも何度も読み聞かせて、赤ちゃんと一緒に成長していきたいと思います。本当に素敵な絵本をありがとうございました。

赤ちゃんにおくる絵本 1 とだ こうしろう作・絵 年齢:0歳~

シンプルなデザインのイラストと美しいひらがなの文字で、赤ちゃんが身近なモノや動物の名前や形を覚えるのにぴったり。
赤ちゃんの興味を引く鮮やかな色彩やシンプルな線のデザインが素敵。赤ちゃんが興味津々でページをめくり、モノや動物の名前を覚える姿が可愛らしい。

赤ちゃんの語彙の豊かさや観察力の発達を促し、楽しく学べる絵本。デザインやイラストの美しさにも魅了され、ずっと本棚に置いておきたい一冊。
赤ちゃんと一緒に楽しんで読み聞かせを続けたいと思う。素敵な絵本をありがとうございました。

created by Rinker
戸田デザイン研究室

まとめ

様々な絵本を紹介しましたが、それぞれの作品には独自の魅力があり、子供たちにとって大きな成長のきっかけとなることでしょう。絵本を通して、子供たちが新しい言葉や世界を知り、想像力を育み、感性を磨くことができます。また、絵本は子供たちの心を癒し、安心感を与えることもできます。それぞれの子供の好みや興味に合わせて選ぶことが大切ですが、本記事で紹介した作品を参考に、子供たちにぴったりの絵本を見つけてあげてください。絵本を通して、子供たちの成長を応援していきましょう!

 - 子育て